主婦がインスタ映えをめざす!ステキなフォトを撮るには?

古新聞を片付けていたら、2月に買った英字新聞を発見。
「The Japan news」 読売新聞が出版しています。

リーディングのブラッシュアップをしたくて、たまに買うんですが、子供たちにジャマされたり時間もとれず…
あまり目を通せないこともしばしば…もったいない。

ペラペラ眺めていたら、こんな記事を発見。

「インスタグラムなどに熱心な若者の影響でデジタルカメラの出荷数が7年ぶりに増加」

2008年をピークにスマホに地位を奪われ、低迷していたデジタルカメラ市場が、インスタ映えを追求する若者たちの影響でまた回復しつつあるそうなのです。

インスタ…私も友達に誘われてつい最近始めたんですが…全然インスタ映えする写真が撮れません!

そうか…
10代、20代の若者はより性能のいいデジカメで、アップしていたのですね…ふむふむ

さらに読みすすめていくと、最後にびっくりな一文が!
「ビッグカメラによれば、小型軽量ミラーレスデジカメの需要が大きく、10万円程度の高額なものでもよく売れるとのこと。」

¨Even high-priced products that cost some \100,000 are selling well…¨

えー!!インスタのためなら、10万円も当たり前!?さすがに高いです…

そこで、子持ち主婦がお手軽にインスタ映えを目指すには?フォトジェニックなアイデアを考えてみました。

 

子持ち主婦がインスタ映えを目指すには?

1、幻想的にシャボン玉と撮る!

ちょっとベタではありますが、幻想的なシャボン玉写真。
子供と自然に撮れるのがいいですね。
ナナホシひとりでシャボン玉吹いていたらちょっと変かも…

 

2、カラフルなスイーツと撮る!(とみや国際スイーツ博覧会)

写真は、とみや国際スイーツ博覧会のお菓子の家です。
インスタ映えといえば、カラフル&スイーツですが、なかなか、子連れでおしゃれなお店に行く機会もない…
富谷市内のおなじみのスイーツ店が勢揃いして腕をふるっています。とてもカラフルなスイーツ達。

とみや国際スイーツ博覧会、見て回るだけでも楽しいですよ~。

 

3、ナチュラルにグリーンと撮る!(七北田公園都市緑化ホール)

 

富谷市中心部より車で15分。
仙台市泉区七北田公園内にある、白い建物です。

ガーデニング好きの方なら、知る人ぞ知る施設で、植木の展示会や園芸の講習会などをやっています。
かわいいグリーンたちが並び、まるでおしゃれなカフェやガーデンにいるようにナチュラルなインスタ映えする写真がとれます。

4、広大な自然と撮る!(やくらいガーデン)

写真は加美町のやくらいガーデンです。
富谷中心部から車で一時間程度。
だだっ広いし混みあっていることもあまりなく…
子連れでも、のびのび歩いたり走ったらできておすすめです。
シーズンは、カラフルな景色が楽しめますが、オフシーズンは花の苗のプレゼントをしていたりしてどの季節も楽しく過ごせます。

 

5、ノスタルジックに巨木と撮る!(ふれあいエスプ塩竃)

写真はふれあいエスプ塩竃のヒマラヤ杉です。
ヒマラヤ杉はヒマラヤ原産で40メートルにも成長する木だそうです。
公園や公共施設でおなじみのこの巨木。

ふれあいエスプ塩竃の木には、ブランコが取り付けられていて、ツリーハウスのように子供が登ることもできます。どこかノスタルジックな雰囲気。
自分が子供だった頃、いつも好奇心いっぱいでワクワクしていた気持ちを思い出させてくれるような…

ちなみに、ヒマラヤ杉のまつぼっくりは、シダーローズと呼ばれ美しいバラの形をしています。

子供たちとオシャレなおままごとをするもよし、ママのリースや手芸づくりに活かすもよし…
ナチュラルにインスタ映えすること間違いなしです!