ドラえもん映画2018! のび太の宝島【ネタバレあり】後編

前回の記事がまだの方はドラえもん映画2018!のび太の宝島【ネタバレあり】前編もどうぞ!

さあつづきは...!!

1. のび太とフロック、協力して海賊船を追う!

のび太たちはオウムロボットのクイズと共に、旅を続ける。
しかし悪天候になり船が故障し、ある島に上陸。 フロックは船を修理してみると言い、のび太たちは食料を調達しに行く。

スネ夫やジャイアンが、くだものをとったりエビを採ったりしている中でのび太は自分だけうまくいかず落ち込む。
しかし島の美しい景色を見て癒され、しずかちゃんに見せてあげたかったと思うのび太であった。

やがて船も修理され、しずかちゃんが放したクラゲものび太たちのもとにたどりつく。

2.フロックとセーラ、父ジョンの過去とは…

のび太はフロックと語り合ううちに、海賊船の船長ジョンこそが、フロックとセーラの父親であると知る。

フロックとセーラの母親であるフィオナは、優秀な科学者だった。
自然エネルギーで動く船を開発していたが、未完成のまま亡くなってしまった。

それ以来、父ジョンは徐々に様子が変わり、何かの研究に没頭するようになっていった。 子供たちと交流することもなく、ついには船を海賊船に改造し世界の財宝を集め始めたのだった。

3.父ジョンの苦悩…地球に危機が迫る!

一方、海賊船船長ジョンは夢を見ていた。
自分が知ってしまった未来…地球滅亡の夢である。

ジョンは、この絶望的な未来から子供たちを救うべく必死で研究をすすめ、地球脱出のノアの方舟計画を立てていたのだ。

大西洋の火山帯から地球の熱エネルギーを取り込み、海賊船を空にロケットのように発射させる。
集めた金銀財宝を元手として、新たな地へ脱出しようとしていたのである。

ついに計画は完成し、地球のエネルギーは奪われる危機にさらされていた。

4.ドラえもんが最大のピンチに!その時のび太は…

一方しずかちゃんは海賊に正体がバレてしまい、セーラと逃げるが、しずかちゃんをかばってセーラが海に落ちてしまう。

海に落ちたセーラはドラえもん達のイカダで救出され、フロックと再会。
空に飛び立った海賊船を追ってのび太たちも空へ飛び立つ。

ジョンの暴走を止めるために、ジョンのもとに急ぐフロックたちと、のび太たち。 オウムのクイズがくれたヒントをもとに、ついに居場所を探し当てる。
そこで捕らわれていたしずかちゃんと再会を果たすのであった。

しかしジョンは子供たちの説得に応じることもなく地球エネルギーを取り出すスイッチを入れてしまう。
吸いとられる地球エネルギーの塊を押し戻そうとしたドラえもんだが、押し負けてしまい気絶する。

のび太は恐怖に震えながらも、命をかけてドラえもんを救出しに行き、なんとかドラえもんを助けることに成功。

 

5.親子の対決!地球は救われるのか…!?

ノアの方舟計画を阻止すべく、フロックはコンピューターで父のプログラムの解除に挑戦する。

そしてのび太の命をかけた行動に、ジョンは驚きを隠せなかった。

そんなジョンの心を知ってか知らずか、だんだん優勢になるフロックのプログラム。
ついにはフロックが勝利し、海賊船は地球から切り離された。
ノアの方舟計画は解除され、地球は救われたのだった。

フロックとジョンも和解し、海賊船は財宝を空にばらまきながら旅立っていった。

 

6.終わりに…感想

地球に帰ったのび太とパパも仲直りすることができた。
そしていつものように、のび太がジャイアンたちに誘われ空き地で野球をしていると、空から1枚金貨が降ってくるのであった…

おしまい!!
どどどどどどどどどど~らえも~ん♪

う~ん、なんか色んな要素が満載の映画でした。

しずかちゃんとセーラのガールズトークや食堂のシーンはジブリぽいような笑
エンディングもこれまたジブリ…

でも子供が喜ぶ、笑えるポイントがいくつも用意されていて、子供たちは楽しそうでした!

泣きポイントもいくつかあるんですが…
わかっていても、不覚にも涙が出てしまいましたね笑
そういうところはさすがドラえもんです…!

ナナホシの時代のドラえもん映画と違って、二元論的な善悪で割りきれないところが、現代っぽいのかなあと思いました。
父の目線で考えれば、それもまた正義…

個人的にはドラえもんが死にかけて、エネルギーの塊に取り込まれて、中でプカプカ浮かんでる姿がとてもシュールでした笑

南極カチコチ大冒険もそうでしたが、ドラえもんみたいにかわいいものが、
カチカチに凍っていたり、気絶しているとなぜかシュールさが増しますよね!笑

子供たちは気にいった映画だったので、またTV放映かDVD化を待ちたいと思います!