冬キャンプと夏キャンプどっちがいい?

こんにちは、ナナホシです。

 

今回は冬キャンプと夏キャンプをそれぞれの良さと難点などから

どちらがいいか検証してみたいと思います!

 

キャンプ初心者のナナホシですが、

いきなり結論から言うと冬キャンプのほうが好きです!

 

でもこれはどちらがいいかというより

好みの問題なので実際はどちらもいいです!笑

 

1冬キャンプの良さ、夏キャンプの難点

 

なんといっても焚き火がいい!

冬の焚き火は暖をとりながら存分に炎を楽しめますね。

夏でも焚き火はしますがやはり暑くて

火のそばに長くいるのはしんどいです。汗

 

雪中キャンプを楽しむキャンパーさんは

薪ストーブでテント内を暖める方もいますよね。

 

薪ストーブに憧れるナナホシとしてはキャンプでの暖房ギアとして

薪ストーブを選びたいところだったのですが、

やはり石油ストーブなどと比べると費用がかかってしまいますし、

かさばるので積載には場所を取ります。

また、組み立てなければならないことと

燃料の薪を割ったり、くべる手間がかかります。

加えて、幕内に適度な広さや煙突を出すための備品などがないといけません。

火の粉や煙突の熱で幕が焼けてしまう危険性も大いにあります。

 

子供たちもいるので我が家では石油ストーブを購入しました。

それでもテント内を暖めるには換気や

幕からの間隔を保つことに気をつけなければなりません。

 

ですがそういったことに少し気をつければ

テントの中はけっこう暖かくなります。

でも、私たちの場合煮炊きするのは外なので

子供はテントの中で遊ばせて大人は出たり入ったりしていました。

 

近くに温泉があるキャンプ場は多いので冷えた身体を温めることもできます。

不動尊公園キャンプ場近くのあぶくま荘では人口温泉に入れます。

 

そして夜は危ないのでストーブなどを消して就寝。

シュラフは冬用の物を買い足し夏用のシュラフの中に重ねて使いました。

 

寒くて眠れないのでは?と不安だったナナホシですが

しっかり暖かく雨風があるときよりぐっすり眠れました!

 

夏は暑くて眠れないことも多いのではないでしょうか。

ただキャンプデビュー仕立てのナナホシは夏キャンプは1度しかしていないので

なんとも経験不足ですが…

 

冬キャンプの良さ2点目は虫が少ないことでしょうか。

夏だとものすごい量の虫が飛んでいて

蜂やアブ、ブヨなどに刺される危険性がとても高いですよね。

また蚊も厄介です。

そういった意味では冬はとても快適です。

 

もうひとつは日焼け、冬場でも対策はしなければなりませんが

夏場は陽射しの強さがあるので日焼けがこわいですね。

 

また、暑いと食べ物が傷みやすいのも難点です。

 

2夏キャンプの良さ、冬キャンプの難点

夏キャンプの良さと言えば水遊びなどの

アクティビティが楽しめることでしょうか。

子供は冬の公園でも元気に遊んでいましたが。笑

 

冬キャンプに比べ夏は荷物が少ないのも大きな利点だと思います。

 

そしてやはりどんなに焚き火やらストーブやらで暖めても

野外での活動、寒さはキツイです。

子供たちは冬、凍えて固まっていました…

寒いのが苦手な人にはやはり夏キャンプのほうが良いでしょう。

 

さて、冬キャンプ、夏キャンプそれぞれの良さと難点を考えてみましたが、

あなたはどちらがより好きですか?

 

どちらにせよ自然の中でいろいろな体験ができるキャンプ。

ぜひあなたも出かけてみてはいかがでしょうか。

 

宮城県丸森町の不動尊公園キャンプ場でファミリーキャンプ!もぜひ読んでみてくださいね!

 

1 2 3