ボスママ同士の争い!巻き込まれた時、あなたは…!?

前回は、あなたの性格タイプをもとに、
一対一のママ友コミュニケーションについて考えてみました。

前回の記事を読んでない!という方は性格タイプで分析!ママ友関係の落とし穴、あなたは大丈夫?
もどうぞ!

今回は、ママ友集団でのコミュニケーションについて、実際ナナホシが経験した事例を通して考えてみようと思います。

1.リーダー格のママ同士はうまくいかない!

長男の赤ちゃん時代のことですから、もう7年近く前のことになりますが、こんなことがありました。

子育て講座に参加したママたちと仲良くなり、5人くらいでよく遊ぶようになりました。
しかし2年もたたないうちに、いつのまにかこのグループで遊ぶことはなくなってしまいました。
原因は、グループ内にリーダー格のママが2人いたことだったのです。

ママ友Aさん、Bさんは前回の記事で言えば、問題解決型の性格タイプでした。

ママ友Aさん→活発で明るくおしゃべり。集まる時にみんなに声がけするのはたいがい彼女。

ママ友Bさん→地域の子育て情報に詳しくて、面倒見のいいあねご肌。

そして、以下の3人は、どちらかと言えば感情共有型でした。

ママ友Cさん→マイペースでのんびりした性格。
ママ友Dさん→みんなに合わせるタイプ。仲間意識が強い。

私→広く浅く付き合うタイプ。話は主に聞き役。

はじめの頃は、AさんとBさんがみんなを笑わせたり、いろんな情報を交換したりして楽しく過ごしていました。
その頃は、AさんBさん同士はむしろ仲が良く、二人だけで遊ぶこともあったくらいでした。

しかし次第に雲行きがあやしくなってきました。
まずAさんが
「Bさんて子供の自慢話が多くない~!?」とCさんやDさんにこぼしはじめました。
ほどなくBさんも
「Aさんとは合わないかも。」と言いはじめました。

しかし詳しく話を聞いてみても、これと言ったきっかけがあったわけでも、どちらかに常識はずれた言動があったわけでもないのです。

お互いに嫌いというほどでもないのに、反発し合う磁石のように、居心地の悪さを感じていたのでした。

結局、マイペースなCさんや私はそれぞれに遊ぶようになり、Dさんはリーダー格2人の間に挟まれてオロオロするばかりで、5人で集まることはなくなりました。

2. ママ友グループでは、落ち着いた行動が身を助ける!

ママ友グループの難しさって、やはりメンバーの性格バランスかなあとナナホシは思います。
リーダー格が2人いる場合、本人たちも無意識に対抗心のようなものが芽生えて、周りがそれに巻き込まれることが多いです。

うっかり相手の悪口に同意してしまったり、間を取り持とうとすると、思わぬ面倒に巻き込まれて全員と疎遠になってしまうことも。

もし、あなたのママ友グループにリーダー格が2人以上いて、トラブルに巻き込まれそうになったら…

一歩も二歩も引いて、状況を静観してください。
子育ての先は長いのです。
必ずやあなたの子育ての助けになるママ友が他に現れるはず。

ちなみにナナホシも、マイペースCさんは今でも子育てのよき相談相手ですよ~。

次回は、ホラーよりおそろしや…ママ友グループいじめ!としてママ友グループから外された時はどうすればいい?とうテーマを書いていきます。

さらにママ友集団から外されたときの解決策はいつでも、誰でも、すぐできる!ママ友グループから外された時の解決策からどうぞ!

 

 

1 2